ARNOLD製品

 


  

フローフォームは、軽量化のための異材接合を、ワンサイドから可能にした、革新的な接合技術です。
下穴加工が不要で、複数の「アルミ+アルミ」「アルミ+鋼板」の接合を1工程で行います。
全ての締結プロセスをモニタリングいたします。
昨今のヨーロッパのほとんどの高級車に使用されています。
▮使用方法

 

 ▮工程

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

フレックスウェルドは、エレメントを用いた抵抗スポット溶接による異材接合技術であり、アルミ+鋼板の接合を可能にしました。
ドイツ車のリアシェルフの量産組立ラインに採用されています。
▮使用方法

ステップ1:フレックスウェルドのエレメントを、上側となるアルミ部分に打ち込みます。

ステップ2:組立ラインにて、鋼板部品(抵抗スポット溶接に適した鋼板)とエレメント部分を重ね、従来の抵抗スポット溶接をおこないます。

      接着材の併用が可能です。